観光地情報

宮城県内で観光ができる人気のスポットを紹介いたします。

仙台

宮城県の県庁所在地、仙台です。
2016年には函館まで直通の新幹線が通り、電車でのご旅行の方々は必ずご利用される場所です。
仙台七夕や光のページェント、伊達政宗の騎馬像が周辺の観光スポットです。

秋保温泉・作並温泉 (仙台西地区)

仙台市の西側、太白区にある温泉です。
県内外問わず人気のスポットでG7の会議も開催されました。
近くには秋保大滝とい観光スポットもございます。

仙台空港・閖上 (名取地区)

宮城県の空の玄関口。
仙台空港のある名取市の閖上地区は津波による被害が大きく、現在も復興が進んでおりますが、新鮮な魚介類をその場で焼いて食べれる「ゆりあげ港朝市」が有名なスポットです。

蔵王・亘理・遠刈田温泉・鎌先温泉・小原温泉 (県南地区)

宮城県南部の地域では遠刈田温泉をはじめとする温泉が多く、県内でも人気のスポットです。
蔵王も日本百名山に選ばれる観光名地ですが、車で山頂近くまでいけるので、気軽に登ることができます。
亘理では、宮城の有名な郷土料理「はらこ飯」や「ホッキ飯」を食べることができます。

松島・石巻・女川・南三陸・気仙沼 (県東地区)

県東地区は、東日本大震災の被害が一番多く、現在でも復興が進んでいる地域です。
県内で随一の観光名所でもある松島や、石ノ森章太郎の故郷である石巻、特に被害の大きい、南三陸・女川・気仙沼は被災地案内で人気のスポットでもあります。

栗駒山・鳴子温泉 (県北地区)

県北地区の栗駒山は、登山初心者でも登れるような気軽に登る山として秋の紅葉シーズンには多くの観光客が足を運びます。
大崎市の鳴子温泉は、県内でも有数の温泉スポットとして、湯治に訪れる観光客が多いスポットです。

バナー

お知らせ